調剤薬局監修の呼吸器内科に関する情報サイト

診療圏調査とは

開業(予定)地で、1日あたりどれくらいの来院患者数が見込めるかを算出する調査を「診療圏調査」といいます。開業地としての良し悪しを判断するための材料になります。また、事業計画書を作成する際、医療収入を見込むための材料にもなります。 一般的に診療圏調査とは、次のようなプロセスで進めていきます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

STEP1.情報の収集(町丁別人口統計他)
市町村役場で、町丁別、年齢別の人口統計や最近の人口動態等の資料を入手し、地図を用意します
STEP2.現地調査
調査地域を歩き、どこに何があるのかを把握します。特に競合となる医療機関の情報を入手します。
STEP3.診療圏マップの作成
地図に開業予定地と競合医療機関等をプロットしていきます。
STEP4. 診療圏の設定
自医院の診療圏を設定します。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

診療科や地域の状況によって異なりますが、例えば都市部における内科診療所の場合、診療圏は概ね半径500〜1,000mの範囲内と考えられます。
STEP5.患者数の推計
設定した診療圏内の人口に受療率(人口10万人当たりの1日当たり推計患者数)をかけて計算します。
STEP6. 見込患者数の算出・総合判断
大病院など診療圏外に患者が流出していたり、診療圏内に同様の診療科がある場合には、これらを割り引いて、最終的に開業後の自院の見込患者数を算出します。

 

薬局