調剤薬局監修の肺炎とは

肺炎とは

風邪の症状が悪化し肺炎になる人がいますが、肺炎とは
どのような病気なのでしょう。




肺炎は肺にウイルスが入り炎症が起こる症状の事をいいます。





薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。


 

健康な人の場合はのどでウイルスの進入を防ぎますが風邪をひいている場合はのど自体にも炎症が起こっています。




その為にウイルスが肺にまで到達し炎症を起こしてしまうのです。肺炎になると発熱し、咳などがひどくなります。

風邪の初期症状の時にうがい、手洗いをよく行う事が予防の一つです。

 

調剤薬局