調剤薬局監修の呼吸器内科に関する情報サイト

開業と行政書士の役割

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

 

業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として国民から大きく期待されています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

医院や診療所を開業するにあたって、提出しなければならない書類はたくさんあります。医療関連・雇用関連・税務関連など、いろんな役所の許認可や届け出が必要です。複雑な添付書類や図面を求められるものもあります。そんな時に、必要な手続きの相談に乗ったり、書類の作成や提出を本人に代わって行うのが行政書士の業務です。医院やクリニックを開業するためには、保健所や社会保険事務局などへの申請や手続きが不可欠です。すべての申請が正確に行われなければ、予定日通りに開業できないことになってしまいます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

しかも、地域によって添付する書類や手続きの方法、締め切りなどが異なりますので、慎重かつ正確な処理が求められます。行政書士に依頼すると、早い段階で申請すべき書類や手続きをチェックし、しっかりと打ち合わせを行い、各種手続きから開業までの流れをスムーズに運ぶことができます。

 

薬剤師国家試験