調剤薬局監修の呼吸器内科に関する情報サイト

勤務医を捨てる理由

医師が転職を希望する動機についての調査によると、一番の大きな転職理由となるものは「ストレス」なのです。 医師の数は全国的に不足しており、「勤務体制も厳しく勤務時間が長い」「休みが取れない」などの過酷な勤務によって疲労困憊し転職を希望する人もいます。いつもにこやかに患者さまと接するのが医師という職業ですが、疲労が溜まった上にストレスも重なり疲弊している状態では「職務を全うできない」と考える医師も多いのです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

医師は人の命を預かる大切な仕事であり、その分責任感も重くのしかかります。責任ある仕事だからこそ「やりがいを感じる」「自分の力が発揮できる」という医師もいますが、その一方で責任の重さに耐えかねて転職を希望する医師も多いです。さらにその過酷な勤務に対し、給与などの待遇が伴っていないケースも多く、収入をアップ目指して転職を考える医師も増えているのです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

転職理由で一番多い「人間関係」に次いで「給与、勤務時間の不満」が続いています。毎日責任を持って働いているからこそ、職場での充実感、つまり収入アップを実現できる環境に転職したいと考える医師も多いのです。 こういった転職動向を見ると、勤務時間や収入などの環境が整えば医師として長期間の勤続が可能であり、「ストレス無く長く勤めるための環境探し」という意味で転職を希望する側面もあるのです。

 

薬剤師 就職