調剤薬局監修の呼吸器内科に関する情報サイト

呼吸器の主な病気

気管支喘息・・アレルギーが基礎になっておきるものです。喘息の発作は、気管支でアレルギー反応がおきて、気管支の筋肉をれん縮させ、気管支の粘膜がむくみ、たんの量が増えます。その結果、気管支は狭くなり、空気が通りにくくなり呼吸が苦しくなります。その強い状態が喘息発作です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)・・中高年の男性に多い病気です。タバコが主な原因です。タバコによって、肺の組織が破壊される肺気腫というものと、気管支に炎症を起こし、たんが多くなる慢性気管支炎とを併せてCOPDといいます。 肺線維症・・肺組織に線維化(線維成分が多くなる)がおこり、肺が硬くなるため、伸びにくくなり、酸素の取り入れが障害される病気です。一番の症状は、呼吸困難とせきです。 肺がん・・現在、癌の中で一番死亡率の高いものです。タバコが大きな原因です。症状がなかなか現れにくいので、診断がおくれて根治的な治療ができにくいことが問題です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

肺結核症・・結核菌によって起こる感染症です。発病率は戦後一貫して減少していましたが、最近頭打ちになっています。定期健康診断で発見されることが多いです。かぜ症状が長く続く場合は、疑ってみる必要はあるでしょう。しっかり治療すれば治る病気です。 肺非定型抗酸菌症・・酸に抵抗性のある菌(抗酸菌)で結核菌の仲間ですが、結核菌と違って人から人への感染はありません。

 

調剤薬局