呼吸器内科の開業に関する情報サイト

呼吸器内科とは

「気管支、肺と肺の中の血管系」は、私たちの生命を維持する「呼吸」という大切な役目を果たしますが、それらを総称して「呼吸器系」と呼びます。

 

呼吸器内科とは気管支〜肺にかけての呼吸をつかさどる器官について専門的に行う診療科です。 疾患は急性のものから慢性のものなど多種多様にあり、主に分類すると

 

@肺炎、結核からの感染症
A肺がんなどの肺悪性腫瘍
B気管支ぜんそく、
アトピー咳嗽
C肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(以降COPD)
D間質性肺炎・肺線維症(特発性・膠原病などによる2次性)
と言ったものが挙げられます。  

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

呼吸器科内科で扱う主な病気

気管支喘息・・アレルギーが基礎になっておきるものです。喘息の発作は、気管支でアレルギー反応がおきて、気管支の筋肉をれん縮させ、気管支の粘膜がむくみ、たんの量が増えます。その結果、気管支は狭くなり、空気が通りにくくなり呼吸が苦しくなります。その強い状態が喘息発作です。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)・・中高年の男性に多い病気です。タバコが主な原因です。タバコによって、肺の組織が破壊される肺気腫というものと、気管支に炎症を起こし、たんが多くなる慢性気管支炎とを併せてCOPDといいます。 肺線維症・・肺組織に線維化(線維成分が多くなる)がおこり、肺が硬くなるため、伸びにくくなり、酸素の取り入れが障害される病気です。一番の症状は、呼吸困難とせきです。 肺がん・・現在、癌の中で一番死亡率の高いものです。タバコが大きな原因です。症状がなかなか現れにくいので、診断がおくれて根治的な治療ができにくいことが問題です。

 

肺結核症・・結核菌によって起こる感染症です。発病率は戦後一貫して減少していましたが、最近頭打ちになっています。定期健康診断で発見されることが多いです。かぜ症状が長く続く場合は、疑ってみる必要はあるでしょう。しっかり治療すれば治る病気です。 肺非定型抗酸菌症・・酸に抵抗性のある菌(抗酸菌)で結核菌の仲間ですが、結核菌と違って人から人への感染はありません。

 

はじめての開業に力強い見方(開業コンサルタントなど)

医院開業を支援するセミナーが日本各地で開催されています。また、医院開業を支援するコンサルタントに相談すると、開業の際の届出などの手続きや、開業物件の検索、開業資金の融資の手続きなど、さまざまな相談を受けることができます。

 

医院を開業するためには、さまざまなハードルがあります。 たとえば、届出だけでも、保健所や社会保険事務所などへの届出以外にも、健康保険関係、年金保険関係、労働保険関係、税務関係など、一人で出来るものではありません。このように一人では困難な医院開業について、最近では、たいへん強い味方がでてきています。全国各地で、医院開業を支援するコンサルタントや、医院開業の際に土地や建物などの物件を紹介する不動産会社や建設会社が主催する医院開業セミナーが開催されています。これらのセミナーでは、医院開業を考えているドクターに対して、スペシャリストの講師を迎え、医院開業方法や医院建築方法、医業経営方法などについて講演することが多いようです。一般的にこれらのセミナーのあとには、医院開業のコンサルタントや医院開業を支援する不動産会社、建設会社のスタッフが相談を受けてくれる個別相談会が開催されることも多いようです。また、銀行などの金融機関による医院開業時の資金を融資を受けるための手続きを教えてくれる資金の調達のための相談や、専門のコンサルタントによるさまざまな相談を受けることができるようです。